雇用保険の基本手当(失業手当)金額に改正 平成29年8月より上限額が増額

 

会社などを退職した後に一定期間ハローワークから支給される基本手当の金額が平成 29 8 1 日から変更になる。

 

基本手当は「失業手当」等と呼ばれ、離職した日の直前の 6か月に毎月決まって支払われた賃金の平均を基準に算出した「賃金日額」と、「退職時の年齢」によって金額が決定される。 

 

従来より基本手当の1日あたりの支給額には上限と下限が設けられており、平成2981日より上限額と下限額が引き上げられることとなった。

 

平成2981日以降、1日あたりの給与が13,420円(月給換算でおよそ40.2万円)で、29歳以下の者が退職した場合は1日あたり6,710円の基本手当が支給され、それよりも給与が多かった場合も基本手当は同額となる。 

 

下限額については年齢にかかわりなく、1日あたりの給与が2,470円(月給換算でおよそ7.4万円)以下であれば、一律に1日あたり2,470円の基本手当が支給される。

 

 

1日あたりの賃金が下限額以上、上限額以下の場合に支給される基本手当の日額は下表の通り。

 

なお、自己都合、会社都合等の退職理由によって基本手当の日額に違いはない。

 

ただし、自己都合退職の場合よりも会社都合等による退職の方が、基本手当が支給される日数が長くなることがある(勤続年数や年齢によっては変わらないこともある)。