社長だけ(役員1名のみ)の会社は厚生年金等の社会保険への加入義務がありますか?

291 閲覧よくある相談事例集社会保険
0

法人を設立しました。代表取締役だけのいわゆる一人役員の会社です。

会社として社会保険(健康保険、厚生年金)へ加入する必要はあるでしょうか?


0

代表取締役ひとりだけの法人であっても、法人として社会保険へ加入しなければなりません。

人数や法人形態(株式会社、合同会社、NPO法人、一般社団法人等)に関わらず、法人であれば社会保険の強制適用事業所となるためです。

加入にあたっては、法人の所在地を管轄する年金事務所へ「健康保険・厚生年金 新規適用届」を提出します。

「健康保険・厚生年金 新規適用届」は、法人として新たに社会保険の加入事業所となる手続です。

なお、法人の代表取締役が労務の対償として役員報酬を受けている場合は、「健康保険・厚生年金 新規適用届」とあわせて「被保険者資格取得届」を提出します。

この「被保険者資格取得届」は、役員や従業員など、法人から報酬が支払われている個人を会社の社会保険に加入させる手続きです。

「被保険者資格取得届」は社会保険への加入要件を満たす従業員等が入社する都度作成して年金事務所へ提出します。