出向元と出向先の所定労働時間の違いによる有休算定について

解決済2843 閲覧一般の方からの相談
0

私は、いわゆる在籍出向という形で勤務しています。

出向元の所定労働時間は7時間30分、出向先は8時間なのですが、有休を取得した場合、7時間半の労働時間として計算されます。

時間外割増が8時間×所定労働日数を超えた分から発生するため、有休を取得すればするほど不利益を受けたような気持ちになります。

法的に問題はないのでしょうか?


0

出向契約の内容に依りますので一概に法的な問題がある(ない)とは言えません。

 

>時間外割増が8時間×所定労働日数を超えた分から発生する

→フレックスタイム制もしくは変形労働時間制という前提でしょうか?

その場合、出向契約の内容と合わせて、フレックスタイム制や変形労働時間制について定めた労使協定書も確認する必要があります。

 

なお、フレックスタイム制や変形労働時間制の場合、時間外割増を支給する時間数を、有給休暇の取得時間を除く「実労働時間数」を基準に計算することに法的な問題はありません。


This entry was posted in . Bookmark the permalink.