生命保険料の新・旧契約を年末調整で分ける必要があるのはなぜですか?

0

年末調整の保険料控除申告書で、生命保険料の新契約、旧契約、介護保険料、年金保険料などの項目が分かれているのはなぜでしょうか?


0

それぞれ控除対象となる金額の計算式や、上限額が異なるためです。

新・旧の区分と、一般の生命保険料、介護保険料、個人年金保険料の区別が間違っていると、正しく所得税を計算することができません。

例えば同じ人が、20万円の新契約・一般生命保険料を支払った場合と、10万円ずつ新契約と旧契約の一般生命保険料を支払った場合では、年末調整によって計算される所得税額は異なります。