パート・アルバイト掛け持ち「106万の壁」「130万の壁」を合計で超えたら?

0

2か所でパート・アルバイトを掛け持ちしていて、2か所合計の収入が「106万の壁」(中小企業は「130万の壁」)を超えた場合、勤務先でパート・アルバイト先で社会保険へ加入しなければならないでしょうか?


0

2か所合計の収入が「106万の壁」(中小企業は「130万の壁」)を超えても、どちらか一方で超えない限りは社会保険の加入義務は発生しません。

勤務先で社会保険の加入要件を満たすかどうかは、各勤務先ごとに判断されます。

パート・アルバイトを掛け持ちしていても月額賃金や労働時間等を合算することはありません。

ただし、将来の年収が130万円以上と見込まれる場合には健康保険の被扶養者の要件を満たしません。

この被扶養者の要件を見る際の年収は全ての収入を合計します。

よって、パート・アルバイト先で社会保険へ加入する義務が生じなかったとしても、健康保険の被扶養者になることができない可能性があります。

健康保険の被扶養者と認められるかどうかは、配偶者や両親等の扶養者が加入している健康保険組合の判断に依ります。

なお、健康保険の被扶養者となることができず、更にパート・アルバイト先でも社会保険に加入しない場合は、原則として市区町村の国民健康保険にご自身で加入することになります。


This entry was posted in . Bookmark the permalink.