1. 残業をした各日の所定労働時間が9時間以上かつ、1週40時間(44時間)の法定労働時間の範囲内に収まっていれば割増賃金の支払い義務は生じません。
  2. ...

    相談を見る
0 Votes

原因が「不詳」と記載された場合であっても、請求期間中に働くことが出来ない状態(労務不能状態)であったと医師が認めていることを書面で確認が取れれば、傷病手当金の給付対象となり得ます。...

相談を見る
0 Votes

健康保険法における不服申し立てについては、以下の通り定められています。 被保険者の資格、標準報酬又は保険給付に関する処分に不服がある者は、社会保険審査官に対して審査請求をし、その決定に不服がある者は、社会保険審査会に対して再審査請求をすることができる。(法第189条第1項)...

相談を見る
0 Votes

ご質問の通り、雇用日から6カ月継続勤務した時点で8割以上出勤している者に対して有給休暇が付与されていない場合には労働基準法に抵触します。...

相談を見る
0 Votes Selected ベストアンサー

出向契約の内容に依りますので一概に法的な問題がある(ない)とは言えません。   >時間外割増が8時間×所定労働日数を超えた分から発生する...

相談を見る
0 Votes Selected ベストアンサー

労働基準法では、労働者の休憩時間に対し、使用者は賃金を支払う義務は無いとしています。 なお、休憩時間の長さは業種にかかわらず、労働時間が「6時間を超え、8時間以下の場合」は少なくとも45分、「8時間を超える場合」は少なくとも1時間、与えなければならないと労働基準法第34条により定められています。

相談を見る
1 Vote Selected ベストアンサー

「算定基礎届、総括表及び総括表附表の提出について」に書かれた、「定時決定時調査」を拒否することは出来ません。...

相談を見る
0 Votes

まず一つ目の違いは提出対象者です。   算定基礎届は原則として全ての被保険者(社会保険に加入している従業員)の分を作成して 相談を見る

0 Votes

月給制の場合(役員を含む)は出勤日数に関係なく暦日数を記載します。   例えば、41日から 相談を見る

0 Votes
Load more answers