「資本金の額若しくは出資の総額」が、3億円(小売業(飲食店を含む。以下同じ。)又はサービス業を主たる事業とする事業主については5,000万円、卸売業を主たる事業とする事業主については1億円)を超えない事業主、...

相談を見る
0 Votes 編集済みの回答

説明者による説明が必須であるため、自習形式の研修は助成金の対象とはなりません。 また、本社で実施した研修の録画映像を各事業所で視聴する場合などは対象となるが、研修時間内に質疑応答の時間を設けることが必要です。...

相談を見る
0 Votes

社会保険労務士や研修の実施会社等の外部の者が複数の企業向けに作成した録画映像を用いる場合、「社内研修の実施」の要件を満たさず、介護離職防止支援助成金の対象外となります。...

相談を見る
0 Votes

厚生労働省が指定する研修資料、チェック リストを使用するなど、支給要件を満たす取組内容であれば、社会保険労務士や外部コンサルタントが規程の整備や研修講師を対応した場合でも支給対象となります。...

相談を見る
0 Votes

厚労省が発行したQ&A集によると、効果的な取組を促進するために、定められた順番に沿って取組を行う必要があるとされています。 原則として、以下の順に取組を進める必要があります。...

相談を見る
0 Votes

奥様の所得が0で旦那さんが扶養しているのであれば、育児休業給付の金額に関わらず配偶者控除の対象となります。 なお、育児休業給付は非課税所得です。...

相談を見る
0 Votes

前職から発行された源泉徴収票を提出できない場合、年末調整を受けることができません。 会社は、入社した後に自社から支払った給与だけで年末調整をしたりしてはいけません。...

相談を見る
0 Votes 回答に対するコメント

税務署で再発行して貰ってください。 再発行に必要な用紙は国税庁のHPからダウンロードできますのでURLを下記します。 https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/36.htm...

相談を見る
0 Votes

二重線で消して訂正印を押すか、新しい申告書に書き直してください。 なお、訂正印は氏名の右側にある認印と同じ印鑑を使ってください。

相談を見る
0 Votes

生命保険料控除証明書は原本での提出が必要です。 会社はコピーを受け付けてはいけません。 生命保険料控除証明書の再発行は保険会社にもよると思いますが1、2週間程度で再発行してもらえることが一般的です。...

相談を見る
0 Votes
Load more answers